Category:

タイトル
タイトル
ジャケット

十月になって急に冷たくなった夜の風は体の芯にまで届き、頭の内をすっきりとさせます。新しい季節の訪れというのはいつだって心が浮足立つものですが、特に実り豊かな秋には気持ちが高揚させられます。夏の気配がまだまだ強かった九月は緑一色だった並木道も、黄色やオレンジ、赤色にかわり、歩いているだけで多くの発見があります。

肌寒さを覚えてくると「そろそろニットやコートが着れるなぁ」とワクワクした気持ちになります。特にコートというアイテムが大好きで、ちょうど一年前にも同じような時期にコートについてのお話をしたのですが、読み返してみると何とも長い文章で、我ながら熱い(暑苦しい?)気持ちが伝わってきます。(お時間がありましたら、こちらもどうぞ

コートといえばロング一択でしょう、というのが個人的なスタンス。もちろん長さがある分、ショート丈に比べれば重量もあるし、動きにくいのですが、やっぱり見た目の可愛さ(もしくは格好よさ)はロング丈に軍配があがります。特にAラインシルエットのロングコートには目がありません。正面から見ても素敵ですけど、横から見たときに立体感が出るロングコートの可愛さといったら!

そういうわけで今年もお気に入りのロングコートとともに秋のムードを愉しもうと思っていたのですが、そんな矢先に素敵な子に出合ってしまいました。しかもこれがまたショート丈なんです。アトリエ・ダンタンが今季新作としてリリースした〈 Greig 〉はすっきりしたスタンドカラーデザイン。アトリエ・ダンタンでは定番的に使っている上質なイタリアのコットンツイル生地を使っており、ほのかな光沢で品の良さを感じさせます。何より魅力的なポイントがそのシルエット。そう、このコートはショート丈なのにAラインになっていて、横から見たときの広がりがとっても素敵なのです。他にもアトリエ・ダンタン特有のボリューム感や大きめのボタンなど、お気に入りのポイントが沢山。そう思ったらショートコートって羽織りやすいし、ボトムスも合わせやすいし、いいこと尽くめなのでは…と自分の価値観を思いなおさせられました。

こちらのショートコートは秋の季節はもちろん、身幅がたっぷりしているのでニットを着こめば冬にも着ていただけます。色の展開はブラックとベージュの2色。どちらもコーディネートしやすく、ずっと永くお付き合いができるかと思います。また「私はそれでもロングコート派よ」という方にも、同シリーズのロングコートがございますのでこちらも合わせてご覧くださいませ。

こちらは taste&touch Webshop でもご用意がありますのでぜひご覧ください。

ジャケット

haus / Atelier d’antan /Töölö が選ぶ、時とともに愛着が増していく洋服や服飾小物の中から気になるアイテムをクローズアップ。楽しいお買い物をより大切なものにしたい皆様にお届けします。

CATALOGUE一覧へ