haus

港町神戸の異国情緒を感じるこのエリアを選んで開店した当時、旧い洋風建築の残る町並みにはまだほとんど店もなく通行人も疎らでした。今では見違えるほどお店が増えてこの海岸通も大きく変わってきました。

二階に食堂をつくったのはわざわざ訪れてくださった方をもてなしたいとのシンプルな思いからでした。天然素材の衣服を中心に選んできたのは暮らしのための道具として気持ちよく身に着けて欲しいという気持ちから必然でした。襟元が擦り切れた真っ白のリネンシャツ、着古して所々が綻んでしまったセーター、底の擦り減った靴などそれぞれのお気に入りを流行に左右されることなく10年後また同じものを選んでもらえる品揃えを大切にしてきました。いつまでもその思いを変えることなく世界中を飛び回り心に響くものを探していきます。それは時代の流れに沿ったものではないかもしれませんが、手にとった時に温かいと感じるハオスらしいものをご紹介していきます。これからもハオスは育ててくれた神戸とともに在り、これからは少しずつ神戸に恩返ししていきたいと思っています。

Information


店休日のお知らせ
誠に勝手ながら11月は6日(水)・13日(水)・20日(水)・27日(水)をお休みとさせていただきます。

2019.11.13   taste&touch Web Magazine 「haus note」を更新しました。

Schedule


糸衣 温かな冬のはじまりに
2019年11月15日(金) – 19日(火)
日本の職人たちの技術を礎とした糸作りからはじまり、もの作りに至るまで一貫したメイド・イン・ジャパンの糸衣。日本ではじめてカシミヤの糸をつくった老舗紡績工場の定評ある素材を用い、ニットデザイナーであるユリ・パークがディレクションするカシミヤニットコレクションです。イベント期間中は糸衣のベーシックラインだけでなく、最上級の素材であるベビーカシミヤシリーズや、アランニットのようにたっぷりと糸を編みこんだ新作のローゲージニットなど豊富なラインナップをご紹介いたします。身に纏えばため息が出るほどの幸福感に包みこまれる、温かな糸衣のカシミヤニットをぜひ冬のはじまりに。
>>NEWS

Dansko Trunk Show
2019年11月23日(土) – 26日(火)
アメリカのシューズブランドDansko(ダンスコ)。伝統的なクロッグスをモダナイズしたコンフォートシューズは履き心地がよく、様々な装いに合わせていただける、ハオスのスタイルに欠かせない存在です。プロフェッショナルなどベーシックモデルの他、ショートブーツなど普段は取り扱いのないアイテムもカラー・サイズを豊富に取り揃えたトランクショーを開催致しますので是非この機会に!


haus

神戸市中央区海岸通 1-2-15
078.327.0581
11:00 – 19:00
haus@def-company.co.jp
>> haus NEWS

instagram Instagram twitter Twitter