haus

港町神戸の異国情緒を感じるこのエリアを選んで開店した当時、旧い洋風建築の残る町並みにはまだほとんど店もなく通行人も疎らでした。今では見違えるほどお店が増えてこの海岸通も大きく変わってきました。

二階に食堂をつくったのはわざわざ訪れてくださった方をもてなしたいとのシンプルな思いからでした。天然素材の衣服を中心に選んできたのは暮らしのための道具として気持ちよく身に着けて欲しいという気持ちから必然でした。襟元が擦り切れた真っ白のリネンシャツ、着古して所々が綻んでしまったセーター、底の擦り減った靴などそれぞれのお気に入りを流行に左右されることなく10年後また同じものを選んでもらえる品揃えを大切にしてきました。いつまでもその思いを変えることなく世界中を飛び回り心に響くものを探していきます。それは時代の流れに沿ったものではないかもしれませんが、手にとった時に温かいと感じるハオスらしいものをご紹介していきます。これからもハオスは育ててくれた神戸とともに在り、これからは少しずつ神戸に恩返ししていきたいと思っています。

Information


いつもご来店いただき誠にありがとうございます。
私たちはお客様をお迎えするにあたり、店内の衛生面また換気にこれまで以上に配慮し、スタッフはマスクの着用をさせていただきます。
また店内の状況に応じて、ご入店をお待たせするなどご不便をおかけする場合がございますことを予めご理解くださいますようお願い致します。

・お客様にはマスク着用と入店の際のアルコール除菌にご協力をお願い致します。

営業時間 11:00-19:00
店休日  毎週水曜日


News


2020.10.21  taste&touch Web Magazine 「My Standard Knit-shetland wool-」を更新しました。
2020.9.30  taste&touch Web Magazine 「Charpentier de Vaisseau」を更新しました。






haus

神戸市中央区海岸通 1-2-15
078.327.0581
11:00 – 19:00
haus@def-company.co.jp
>> haus NEWS

instagram Instagram twitter Twitter