奥行きのある生地に見られる豊かな表情や、風を孕んでうまれる美しいドレープ、そして凜とした佇まい。一見シンプルに映るゴーシュの洋服にはデザイナーの優れた感性と揺るがない信念が詰まっていて、その美しさはただそこに在るだけで絵になるほどです。本日はいつも私たちの心を掴んで離さない「ゴーシュ」の洋服をご紹介します。
 
ゴーシュは東京・恵比寿にアトリエを構えられているパタンナー出身のご夫婦が手がけるレディースウェアブランドです。洋服を作る上で要とも言えるパターンに長年携われてきたこともあって、お二人の洋服は袖を通せば立体的なシルエットが広がり、上質な着心地を感じることができます。基本的にワンサイズの展開ですが不思議なことに同じ洋服を小柄な方が着ても、背の高い方が着ても、皆さまご自身の体にしっくりくると感動されます。それもやはりパタンナーとしての技術と経験により、日本人の体型を熟知されているからなのでしょう。
 
優れたパターンの他にもうひとつ、語られるべきはお二人が用いる上質な生地について。まず素材となる糸から選び、生産を手がける職人と話し合いを重ね、理想の生地を一から作り上げます。その探究心とこだわりの強さにはいつも驚かされます。それらの生地は着れば着るほど風合いがよくなり、着る人の歩みとともに魅力を増していきます。それらの要素が全て重なり合い生まれた洋服は研ぎ澄まされたシンプルなデザインでありながら一目でゴーシュとわかるほどの存在感があり、いつまでも色褪せることはありません。
 
今季届いたばかりの、春らしい黒とも言えるワンピース。66番手の光沢感のあるリネン糸を強く打ち込んだツイルは生地にわずかなおうとつがあり、光のあたる角度によって表情をかえます。リネン特有の程よい透明感で重くならず、春夏のシックな装いにぴったりな一着です。ゆったりとしたラインですが腰のベルトがシルエットにメリハリを与えて、品のよい女性らしさを感じるため、シーンを問わず着用できそうです。
 
ワンピース以外にもブラウスやパンツなど、いくつも名品があるゴーシュ。神戸 haus では3月23日(金)より5日間、「 ゴーシュ 2018 Spring&Summer Collection 」と題して届いたばかりの新作を一斉に皆さまへとご紹介いたします。本日ご紹介したワンピースの他、様々なゴーシュの洋服をご用意しておりますのでこの特別な機会に是非一度袖を通してみてください。また taste&touch Webshop では3月16日(金)に先行でリネンワンピースとリネンワイドパンツを販売いたしますので、こちらもどうぞお楽しみに。
 
 

 
 
 
haus / d’antan /Töölö が選ぶ、時とともに愛着が増していく洋服や服飾小物の中から気になるアイテムをクローズアップ。楽しいお買い物をより大切なものにしたい皆様にお届けします。

 


 
 
世の中には物が溢れていて、代わりがきかない物って探してみるとほとんどありません。しかしそういった代えがたい物こそ、私たちが大切にしていきたいと思える物です。本日ご紹介する「 Maria Rudman 」( マリア・ルドマン )のブレスレットもそのひとつです。
 
マリア・ルドマンはスウェーデン北部ラップランドに居住する’サーミ族’をルーツとした女性デザイナー。若かりし頃にはパリでファッションモデルをしたり、TV番組の司会者をしたりとユニークな経歴の持ち主です。彼女のアクセサリーは、トナカイの革をピューター(錫をメインにした合金)の糸で刺繍するサーミの伝統的な手工芸品をアレンジしたもので、現代的な装いにもスタイリングでき、またモダンでありながら唯一無二の存在感があります。
 
マリアのコレクションには彼女の感性を落とし込んだクラシックラインと、「伝統そのもの」とも言える古来の紋様を施したオーセンティックラインがあります。中でもタンカラーとピューターのコントラストが静かで力強い輝きを放つオーセンティックラインは私たちにとって特別なもので、いつもマリアに会うときはこのオーセンティックラインをメインにオーダーしています。しかしオーセンティックラインはその繊細で複雑な工程から、元より限られた職人しかつくることができず、また近年は職人の高齢化と後継者不足により、希少性の高いものとなっています。今回少量ながら届いたオーセンティックラインのブレスレットはなんと2年前にオーダーしたもの。そう思えば一本一本がとても貴重ですが、後継問題がこのまま解決しなければ、サーミの工芸品はこの世からなくなってしまうかもしれません。そうならないためにも、この素晴らしい手仕事を少しでも多くの方に知ってもらうことが私たちにできることだと思っています。
 
マリア・ルドマンのブレスレットは身につけていると少しずつ革の色が濃くなり、またピューターの輝きが増していきます。「お風呂と寝るとき以外はずっと腕に巻いている」と話してくれた女性のブレスレットは、息を呑むほど格好良く、彼女の人柄そのものを表しているように思えました。皆さまにとってマリア・ルドマンのブレスレットがただのファッションアイテムではなく体の一部と思えるような存在になれば、私たちも嬉しく、またきっとマリアやサーミの方々も嬉しく思うことでしょう。
 

 
 
 

 


 
 
皆様はご旅行に出られるとき、どのようなスタイルで行かれますか。沢山の荷物を抱えて行く方もいれば、身軽な方もいたり。服装も目的や滞在先によって様々だと思います。私は旅先でのシーンを想像してあれこれコーディネートを考えることが好きなのですが、そんなトラベルコーディネートの中でもこれだけは外せないというアイテムがいくつかあります。本日はその内のひとつ「 Zilla 」(ジッラ)のバッグを皆様にご紹介いたします。
 
ジッラはイタリア人の女性デザイナー、シルヴィアが2005年に設立したバッグブランドです。元々建築学を専攻していた彼女がつくるバッグはとても独創的。廃材や建築資材など本来使用されることのない素材を取り入れたバッグは、シンプルながら先進的なデザインでブランドのデビュー以来、瞬く間に感度の高いセレクトショップで取り扱われるようになりました。
 
それらのハイエンドなコレクションラインとは別に、ジッラにはデザイナーの出身地である南アルプス・ドロミテ地方のハンターや農夫が使用していたバックパックをリデザインした「 Rucksack 」ラインがあります。地方に伝わる伝統とデザイナーの感性が見事に融合したこのラインは、クラシカルであり、なおかつモダンな雰囲気が魅力です。
 
元々狩猟・農耕用として使われるバッグをモデルにしているためメインの収納はたっぷりしており、普段使いはもちろん、一泊二日程度の旅行であれば充分なほど容量があります。さらに外側と内側にもポケットがついていたり、水弾きのいいキャンバスで突然の雨にも強かったりと機能面も優れており、また開口にはハンドルがついているのでシーンによってスタイルをかえることができるのも嬉しいポイントです。
 
キャンバス素材、ましてや大きめのバックパックとなればカジュアルなイメージが強いですが、ジッラのバッグはどことなく品の良さを感じさせるので、ラフなスタイルにだけでなく、あえて女性らしい装いに合わせるのもおすすめです。もちろん男性も持てるデザインなので、兼用でお使いになるのもいいですね。
 
私も使い始めておよそ2年が経ち、日常生活から旅行のときまで、いつでもどこでも持っているせいか、キャンバスやレザーにくったりとした表情があるように思えます。あと数年も経てば立派なマイヴィンテージになっているかも。そうなるのを楽しみにしつつ、次はこのバッグとどこに出掛けようかと考えている最中です。
 
 
 


 
 
10年後も20年後も、もしかしたら自分がおばあちゃんとよばれるようになるその日まで、ずっと着続けているかもしれないと想像する「 Lin Francais D’antan 」の洋服。本日はその中からこれからの季節には欠かせないニットジャケットをご紹介いたします。

ジュエリーや洋服などを手がける「 Atelier d’antan 」は、神戸海岸通のとあるビルの中にあります。階段をあがった一番奥にはジュエリーを製作する部屋、その隣に洋服や服飾雑貨を企画・デザインするアトリエがあります。膨大な数の生地サンプルや仕様書が整理された室内はさながらどこかの研究室のようで、他にもアーカイブがずらりと並ぶラックだったり、貴重な資料が並ぶ本棚があったりして、ひとたび中に入れば時が経つのを思わず忘れてしまうほど夢中になれる空間がそこにはあります。

「 Lin Francais D’antan 」は細部にまでこだわることを信条としていますが、ニットも同じように素材から形までこだわりを持ってつくられています。まるでツィードジャケットのように暖かなニットは軽くて保温性にすぐれたシェットランドウールとよばれる羊毛だけをつかって編みたてられています。糸をたっぷり使っているため厳しい冬の風も防いでくれますが、肩にきちんと沿うパターンで仕立てられているため不思議と重たさは感じさせません。また少しアンバランスなアシンメトリーデザインや、くるんとかえる裾や袖など、シンプルな中に愛らしさを覚えるポイントが散りばめられています。

そしてボタンのかわりに前身頃をピンで留めるのがらしいところ。古いヘアピンをもとにつくられたボールピンは、その可愛さにそれだけでも欲しい!という声もちらほら(残念ながらピン単体での販売は現在のところ行っておりません)。今回 taste&touch では特別に、冬のアクセントになりそうなコニャックカラーのピンを用意してもらいました。ニットにはもちろん、お持ちのストールを留めるときやバッグに付けても素敵です。こちらは数量限定ですのでどうぞお早めに。

鳴り響く彫金の軽やかな音と、港から時折聞こえる汽笛が心地よい空間でつくられる「 Lin Francais D’antan 」。ありそうで他にないそのデザインはワードローブに欠かすことのできない存在として、ついついコレクションしてしまう方も多いはず。はじめましての方も、まずはこの心まで温めてくれるニットから集めてみてはいかがでしょうか。
 
 


 
 
洋服や身につける小物を選ぶとき、皆さんはどんなことを大切にされていますか。私自身はシンプルな装いを好む分、着心地の良さを一番に考えることが多く、見た目は二の次になってしまって、クローゼットはいつもモノトーン。そんな単調な私でさえ思わず釘付けにされてしまう、まるで絵画のようなストール、「 Sophie Digard 」(ソフィー・ディガー)をご紹介いたします。

同名の女性デザイナーが手がけるソフィー・ディガーは1999年に設立されました。幼少の頃から手芸や糸に触れてきた彼女はパリ郊外にアトリエを構え、リネンやウールなどの天然素材を使ったストールやバッグ、アクセサリーを制作・デザインしています。彼女の作品の特徴はまるで子どもが描いたような自由で愛らしいモチーフと、何十色もの糸を同時に用いた大胆な色使い、そしてその全てが職人による手仕事であるということです。その複雑で細かなデザインにより、小ぶりなストールであっても完成までにはおよそ1ヶ月の期間を要しますが、そうして手間隙を惜しまずつくられた彼女の作品は世界中の人々を魅了し続けています。中でもずっとオーダーし続けているストールは私たちにとって欠かすことのできないアイテム。デザインやカラーはシーズンによって異なりますが、普段のコーディネートにも取り入れやすく、永く愛用してほしいという想いから、丸や四角で構成されたジオメトリックなものを中心にセレクトしています。それらを首元にくるんと巻いたり、肩に掛けたりするだけで一面に広がる花畑のような華やかさがプラスされます。

オールハンドメイドということもあり決してお安くはありませんが、身も心も温めてくれるソフィーのストールは一生モノとして選んでいただく価値あり。部屋にとっておきの絵を飾るように、秋から冬にかけての装いを彩ってみてはいかがでしょうか。
 
 

 
 


 

8月終わりから9月にかけてはまだまだ暑さの残る時期ですが、街のウィンドウディスプレイは少しずつ秋の様相となります。実際に外で着るには少し早いですが、ヨーロッパや日本の様々な場所から届いたばかりの衣服を見ているとそれだけでなんだか気持ちがわくわくしますね。中でも私たちにとって秋のはじまりを告げるアイテムとして欠かせないのが、本日ご紹介しますギャレゴ・デスポートのヴィンテージテントコートです。

ギャレゴ・デスポートは1993年に2人のフランス人、Virginie GallegoとFabien Desportesによって設立されました。古きよきヨーロッパのワークウェアやライフスタイルからインスパイアされた彼らのコレクションは、フランスだけにとどまらず世界各地から大きな支持を集めています。ギャレゴ・デスポートの大きな特徴としてあげられる、素材選びには彼らの審美眼を感じずにはいられません。ヨーロッパの職人が手がける上質な生地を厳選し、時にはスーツを仕立てるために誂えられたフランネルや、デッドストックの貴重なテキスタイルを使うこともあります。それらを使った洋服は驚くほど着心地がよく、また着込めば着込むほど風合いが増すため永く愛用できます。

中でも異彩を放つこのオーバーコート、なんと実際にフランス軍が砂漠地帯に使っていたミリタリーテントを用いています。ハリのあるテント生地をパッチワークしているためハトメやボタンもそのまま、時には赤錆が飛んでいる箇所もありますがそれがまた無骨な空気感を醸し出しています。素材はコットンですが軽くて丈夫、また風や水を通しにくいためトレンチコートのような感覚で着ることができ、夏以外の3シーズンで活躍します。メンズライクなデザインなので、デニムなどのカジュアルなアイテムとの相性もいいのですが、スカートやワンピースといった女性らしいアイテムとのコーディネートをあえておすすめします。レディースだけどどこかメンズライクな匂いを感じさせるスタイルは、まさにハオスが理想とするもの。現在は彼らのコレクションに通常だと並んでいませんが、ハオスの別注として製作をお願いしています。

一見すると着こなすのが難しいと思ってしまうほどの力強さを感じますが、実際に羽織ってみると意外にもすんなりと馴染んでくれるので、普段ヴィンテージやアンティークというものに親しみがない方にこそ是非トライしてほしい一着です。全く同じものがない世界に1枚だけの特別なこのヴィンテージテントコートはきっとワードローブに欠かせない存在になってくれることでしょう。

※こちらのコートはヴィンテージテントをカットしつなぎ合わせているため、ひとつひとつ異なる表情をみせます。そのため、残念ながらウェブショップでの取り扱い予定はございません。神戸店haus , 東京店 haus&terrasse にてご覧いただけますので、この機会に是非自分だけの特別な1枚をお探しください。

 
 

 

 
 


 

私たちが選んでいる洋服や小物たちは、シンプルで飽きがこないデザインや着込むほど味わい深くなるものが多く、永く愛用できるものばかりです。その上、着心地の良さに強いこだわりを持ってセレクトしています。本日ご紹介する Khadi&Co. のパンツもそれらの特徴を兼ね備えた、時代を超えて愛されるアイテムのひとつです。

パリに拠点を置く Khadi&Co. はデンマーク人の女性デザイナー、ベス・ニールセンにより設立されました。若い頃からファッションの世界に身を置いていた彼女は、デザイナーとしてインドに渡った際にカディとよばれる歴史あるインドの織物と出合います。綿や羊毛を手で紡ぎ、そして手織りすることで生まれるテキスタイルの不均一な美に魅了された彼女はライフワークとしてカディを用いたストールや洋服をつくるようになりました。人の手で作り出される分、その腕によっては粗悪なものもあるカディですが、ベスが信頼を置いている職人が専属で生産しているため、 Khadi&Co. の生地は高い品質を保っています。そのため今ではフランス国内だけでなくヨーロッパや日本といった細かな仕事を求められるマーケットでも大きな支持を集めています。

そんな上質なカディをたっぷり使った「 STAR 」と名付けられたパンツ は履き心地がとても軽く、厳しい夏の暑さもなんのその。コットン素材のため気軽に洗っていただけることも、汗をかきやすいこの季節では大きなポイントです。ウエストにタックを入れ、大きくボリュームをとったシルエットはコンパクトなTシャツに合わせるのはもちろん、ロングのクルタシャツやラップドレスと合わせたベス・ニールセン流のコーディネートもおすすめです。どちらも蒸し暑い日本の気候にぴったりなので是非トライしてみてください。定番の2カラーとしてピュアホワイトと深みのあるインディゴブルーを揃えているので、気に入れば2本とも持っていたいアイテムだと思います。

すでに還暦を迎えたベス・ニールセンは、凜とした佇まいでカディの洋服やストールをさらりと着こなす、とても素敵なマダムです。自分自身もそんな大人に少しでも近づけるだろうか、そんなことを思いながら、この夏はカディを身に纏いたいと思います。
 

 
 

 
 

 
7月7日、トーロはオープンして10年という節目を迎えることができます。これもひとえに支えて下さってきた皆様のおかげです。本日ご紹介するのは、トーロがオープン当初より大切にご紹介し続けているイタリアのニットブランド、ユリ・パークです。

イタリアのひとりのニット職人との出合いがすべてのはじまりであるユリ・パーク。現在はミラノに工房を構え、冬は上質なカシミヤやメリノウール、春はさらりとしたコットンを使ってニットを製作しています。デザイナーのユリさん自身はやわらかな物腰ですが、佇まいは凛としていて、話をしていると彼女の透明感に思わず惹きこまれてしまうくらい魅力的な方です。そんな彼女の人柄を表すように、ユリ・パークのニットは着る人のからだだけでなく心までもやさしく包み込んでくれます。

ユリ・パークには2つのラインがあり、昔ながらの手横編み機でつくられる‘アルティジャーノ’とホールガーメントという特殊な機械を使う‘カポ・コンプレート’に分けられます。中でもアルティジャーノは熟練した職人による技術力を要するため大量に生産することができないのですが、卓越した技術に裏打ちされた着心地とシルエットの良さを誇ります。アルティジャーノのシンボルともいえる背中のリボンはイタリア語で「翼」を意味するレ・アーリとよばれ、シンプルなデザインの中にさりげない愛らしさをプラスしています。

ユリ・パークのニットをはじめて見た時は単純にほしい!と強く思ったのと同時に、当時は自分に見合っているかという自信がなかったため、購入を決意するまでに2年もの時間がかかりました。それだけに愛着もひとしおで、こんなにも着心地がよく、自分自身を高めてくれるニットであったならば、もっと早く選んでおけばよかったと思うほど。今では欠かせないワードローブのひとつになりました。

トーロでは誕生月でもある7月にユリ・パークの受注会を毎年行っています。シーズンのカラーや型をほぼご覧いただける機会とあって、欠かさずお越しくださるお客様も多いイベントです。お渡しは例年だとちょうどクリスマスの頃。1年を頑張った(もしくは頑張っていく予定の)ご自身へのご褒美としていかがでしょうか。

YURI PARK 受注会 @ Töölö
2017年7月7日(金) – 7月11日(火) 詳細はこちらよりどうぞ。
 

 
 

 

若葉が活き活きと生い茂る春から、湿り気のある空気に包まれる梅雨、そして灼熱の太陽に汗ばむ夏まで。この3つの季節にワードローブとして欠かせないのがリネンシャツ。神戸のハオスではオープン当初から今も変わらず3月から9月までリネンシャツが並びます。

リネンというと丈夫で洗いに強く、風が通り抜けてとても清々しい反面、コットンに比べるとごわっとしていたり、シワになりやすいという声もあります。 しかしハオスでセレクトしているリネンシャツは麻の中でも特に細い糸、60番手から80番手のものを使っているので、コットンに負けないくらい滑らかな肌触りを感じていただけます。もちろん素肌に着ても平気です。 気になるシワですが、リネンの場合は意外にも洗いざらしで着るとこなれた雰囲気が出ます。シャツはアイロンをかけるもの、と思っていましたがリネンシャツのお陰で億劫な夏のアイロン掛けに悩まされることもありません。どうしても気になる時にはリネンウォーターを使ってぐっぐっと手で伸ばしてあげれば自然になじみ、すぐに乾いてくれるのでお出掛け前の一吹きで十分です。

ハオスではメンズライクなプルオーバータイプをあえて女性の方におすすめしています。特に色落ちしたリーバイスや履きこんだチノパンとのコーディネートは、究極のマニッシュスタイルです。仕上げに袖口を2回ほどラフにまくるのがポイントです。定番で展開している白色に加え、今年はハオスの別注として深みのあるインディゴを揃えています。洗いをかけるとより風合いが増しやわらかくなるので、更なる経年変化を愉しんでいただけます。

これから益々暑さが増していく中、Tシャツももちろんいいのですが、夏に長袖のシャツを粋に着てみませんか。メンズ・レディースでご用意しているのでプレゼントとしてもおすすめです。